恐怖!? 受水槽から給水された水はそのまま口にしない方が良い理由とは?

団地やマンションなどもの集合住宅に住んでいる方、「受水槽」というものをご存知でしょうか? おそらく下の写真を見れば、「あーコレね、見たことある」となると思います。 この受水槽はその名の通り水が入っているわけで、設置されている建物の生活水をまかなっています。 ただ、この水は必ずしも綺麗ではないことがあるのです。

ちょっと待った! 水道水をそのまま飲んではいけない4つのケース

私がサッカー部でバリバリだった中学生の頃、ヤカンに入れた水道水や蛇口を上側に向けて、そのままゴクゴク飲んでいた記憶があります。 そんな水道水は、もちろん“飲める水”であることには間違い無いのですが、間違ってもそのまま飲んではダメなケース(タイミング)というのがあるのです。

ナメたネジ(ビス)がいとも簡単に外せる『ネジザウルス』の正体とは?

水回りに限らずDIY好きの方や、ネジで頻繁に器具を取付けたり組立てたりする方、ネジがナメて外れなくなり困った経験はありませんか? ナメるとはつまり、頭の+(プラス)部分が欠ける・削れるなどしてドライバーで回せなくなってしまった状態です。 こうなると、どうにかして外す手段としては以下が考えられます。

交換する便器を買う前に必ず確認してほしい4つのポイント

自宅の便器を交換したい! と思った時に、どのような点に注意するべきでしょうか? これはとても重要なことで、便器を買う前にしっかり確認しておかないと、最悪は交換できないこともあり得ます。 古い便器だと、ロータンク型が主流ですが、新しい便器はタンクレスも多いですから、サイズも違ってきますし、普通便座(いわゆるウォシュレット無し)はあり得ません。そうなると、ただ単に古い便器を外して新しい便器を取付けて終わり、というわけにはいかないケースも出てくるのです。

トイレの嫌な臭いを解消するシンプルで1番良い方法とは?

あなたの家のトイレ、臭いませんか? 臭いでトイレに行くのが嫌になりませんか? お客さんが来た時使ってもらうのに気が引けませんか? ほとんどの方が夜寝る前や朝起きて1番にトイレに行くかと思いますので、1日の終わりや始まりに臭うトイレに行くのはなんとも嫌な気分になりますよね(汗) そして他人の家にお邪魔して、トイレをお借りした時って、ついつい臭いやキレイさが気になっちゃいますよね。

洗面化粧台を交換するなら必ず確認しておきたい4ポイント

自宅の洗面化粧台を交換する予定がある方、または交換したいと思っている方、必ず事前に確認してほしいポイントがあります! このページの内容をしっかり確認していただければ、せっかく買い換えた洗面台が取付けられなかったなんて事態は起こりません。 外したり取付けたりは自分でやらなかったとしても、新しい洗面化粧台が取付けられるかが分からなければ、選びようがありませんよね。 その点でも今回の内容を確認いただいて、ぜひご自宅にぴったりのステキな洗面化粧台を見つけてください!

ウォシュレットを外して長年の汚れをキレイさっぱり掃除しよう!

最近のトイレには必ずと言って良いほどウォシュレットが付いていますよね。 昔は普通便座だったけれど、後から取付けたという方も多いのではないでしょうか。 ウォシュレットは日本独自の文化らしいのですが、日本人で良かったなぁと心から思うほど私も多用しています。 そんなウォシュレットですが、1度取付けたら壊れでもしない限りはそのままですよね? むしろ壊れて使っていないのにそのままという方もいるかもしれませんね。 てことは、その隙間や便器との間はずっと掃除していないことになります。つまり、私の妻のような潔癖性や綺麗好きの方は掃除したくて仕方ないポイントになるのです。

ダスキンさんにお風呂掃除をしてもらった結果とアドバイスを共有します

お風呂の頑固な水アカや石鹸カス、カルキ跡などを諦めていませんか!? 我が家も床の黒ずみやシャワー水栓に付いた水アカが落ちずに困っていました。 そこで思い切って、昨年(2017年)末に、ダスキンさんにお願いして、ユニットバスを掃除してもらいました。 その結果は、当然のごとくスゴい綺麗になりました! とても満足しています。 そしてせっかくだったので、綺麗さを保つための掃除の仕方についてアドバイスしてもらいました。

洗濯機の裏や下はホコリだらけ!? いっそのこと移動して掃除しましょう

長い間置きっ放しの洗濯機の下部や裏側って、どうなってると思いますか? 一般の方がこの部分を見ることは稀だと思いますが、実は“すごいこと”になっています。分かりやすく言えば、テレビだとモザイクがかかるレベルの汚さです。 ただ、汚れの種類としては、ホコリ・洗剤や石鹸カス・落ちてしまった衣類や洗面用具・場合によってはカビ、くらいですから、自分で掃除できるレベルです。

万が一の震災のために備えておきたい水と確実に押さえておきたい注意点

みなさんは大震災が起きた時の「水回りの備え」していますか!? 私は千葉の海に近い地域(東京湾側)に住んでいるのですが、東日本大震災の時に被災しました。地面から水を含んだ砂が吹き出し、マンホールは浮き上がり、道路はそこらじゅうで地割れが発生する「液状化現象」に見舞われたのです。