トイレの嫌な臭いを解消するシンプルで1番良い方法とは?

あなたの家のトイレ、臭いませんか? 臭いでトイレに行くのが嫌になりませんか? お客さんが来た時使ってもらうのに気が引けませんか? ほとんどの方が夜寝る前や朝起きて1番にトイレに行くかと思いますので、1日の終わりや始まりに臭うトイレに行くのはなんとも嫌な気分になりますよね(汗) そして他人の家にお邪魔して、トイレをお借りした時って、ついつい臭いやキレイさが気になっちゃいますよね。

洗面化粧台を交換するなら必ず確認しておきたい4ポイント

自宅の洗面化粧台を交換する予定がある方、または交換したいと思っている方、必ず事前に確認してほしいポイントがあります! このページの内容をしっかり確認していただければ、せっかく買い換えた洗面台が取付けられなかったなんて事態は起こりません。 外したり取付けたりは自分でやらなかったとしても、新しい洗面化粧台が取付けられるかが分からなければ、選びようがありませんよね。 その点でも今回の内容を確認いただいて、ぜひご自宅にぴったりのステキな洗面化粧台を見つけてください!

ウォシュレットを外して長年の汚れをキレイさっぱり掃除しよう!

最近のトイレには必ずと言って良いほどウォシュレットが付いていますよね。 昔は普通便座だったけれど、後から取付けたという方も多いのではないでしょうか。 ウォシュレットは日本独自の文化らしいのですが、日本人で良かったなぁと心から思うほど私も多用しています。 そんなウォシュレットですが、1度取付けたら壊れでもしない限りはそのままですよね? むしろ壊れて使っていないのにそのままという方もいるかもしれませんね。 てことは、その隙間や便器との間はずっと掃除していないことになります。つまり、私の妻のような潔癖性や綺麗好きの方は掃除したくて仕方ないポイントになるのです。

ダスキンさんにお風呂掃除をしてもらった結果とアドバイスを共有します

お風呂の頑固な水アカや石鹸カス、カルキ跡などを諦めていませんか!? 我が家も床の黒ずみやシャワー水栓に付いた水アカが落ちずに困っていました。 そこで思い切って、昨年(2017年)末に、ダスキンさんにお願いして、ユニットバスを掃除してもらいました。 その結果は、当然のごとくスゴい綺麗になりました! とても満足しています。 そしてせっかくだったので、綺麗さを保つための掃除の仕方についてアドバイスしてもらいました。

洗濯機の裏や下はホコリだらけ!? いっそのこと移動して掃除しましょう

長い間置きっ放しの洗濯機の下部や裏側って、どうなってると思いますか? 一般の方がこの部分を見ることは稀だと思いますが、実は“すごいこと”になっています。分かりやすく言えば、テレビだとモザイクがかかるレベルの汚さです。 ただ、汚れの種類としては、ホコリ・洗剤や石鹸カス・落ちてしまった衣類や洗面用具・場合によってはカビ、くらいですから、自分で掃除できるレベルです。

万が一の震災のために備えておきたい水と確実に押さえておきたい注意点

みなさんは大震災が起きた時の「水回りの備え」していますか!? 私は千葉の海に近い地域(東京湾側)に住んでいるのですが、東日本大震災の時に被災しました。地面から水を含んだ砂が吹き出し、マンホールは浮き上がり、道路はそこらじゅうで地割れが発生する「液状化現象」に見舞われたのです。

キッチン排水の仕組み つまりや水漏れ防止のための3ポイント

キッチンの流しといえば、ご家庭の水回りの中で1番多く使うという方もいるのではないでしょうか? (逆にほとんど使わないという方もいるかもしれませんが) キッチンの流しは当然のことながら料理や洗い物で使うことが多いですから、実に多種多様な物が流されます。 そんな流しですから、何も考えずに“酷使”していると、詰まりやすく水漏れを起こすこともあり得ます。特に料理をよくするご家庭では、流しを使うにあたってぜひ押さえておいていただきたい点があります。

トイレの2タイプ「PとS」自分の家はどちらでしょうか?

トイレの排水方式には2パターンあるのはご存知でしょうか? そうです、だった2パターンだけです。それがPタイプとSタイプです。この2パターンは、自宅のトイレを見れば簡単に確認することができます。 今回はこの2パターンについて、その見分け方からそれぞれの特徴といざという時のための対処についてまとめたいと思います。

洗面台のトラップを自分で掃除して「つまり・嫌な臭い」を解消!

洗面化粧台の排水がつまりやすい、パイプユニッシュしてもすぐ臭うようになる、なんて悩んでいませんか? そんな方は思い切って「排水トラップ」を掃除してみてはいかがでしょうか。そもそも排水トラップってなに? という方もこの記事を読めば理解していただけますし、自分もやってみようかなと思うはずです。ぜひ本文を読み進めてください。

蛇口の水だけ(お湯だけ)勢いが弱い時ってありませんか? 普段気にしない“ホース”が原因かもしれません

水とお湯が両方出る蛇口を「混合栓」といいます。洗面台やキッチン、浴室の水栓などはほとんどが混合栓です。 この混合栓が、水だけ弱かったり、お湯だけ弱かったり(または出ない)時がありませんか? これまでに私が工事でお邪魔したお宅では、数十件に1件くらいの割合で、このような事例がありました。配管のつまりを除けば、原因はまったく同じなのです。